作家インタビュー 湯浅 机上工芸舎(パート1 日本語)

2018.04.08


千葉県船橋市で机上工芸舎を主宰する湯浅記央さんを訪ね、お話をうかがいました。

⚪︎工芸に興味を持ったきっかけを教えてください
工芸には実はそんなに興味があったタイプではなく、小さい頃から金属が好きでした。ピカピ カするものはなんでも良かったわけではなく、金属光沢が好きでした。

⚪︎子供時代から今につながるような土台はどこで作られたのでしょうか?
美術は好きでしたが、仕事にしようとは考えていませんでしたね。ただ、中学時代の美術の先 生が少し変わったタイプの先生で。一生懸命やったとかではなく、出来上がりの良し悪しで評 価する先生で、それは面白くて影響はあったかなと思います。高校卒業前にアルバイトして10万円くらいお金を貯めて、卒業後は進学も就職もせず、1年 くらい自転車で北海道を一人で路上生活をしながら回っていた時期があります。 その旅の途中で金属のことを勉強したいと思うようになりました。

⚪︎何かきっかけになるようなことがあったのですか?
北海道を中心に回っていたのですが、あるとき本屋で立ち読みをしていたら、真鍮の棒で小さ な自転車を作っている人が載っていたのです。こういうことをやっている人がいるんだなぁと 思って、それがきっかけでいろいろ考えるようになり、やはり勉強がしたいなと思ったのです 。 劇的な出会いというわけでなく、強いて言えば、なのですが。ただ、北海道を回った経験は 色々な大人に出会って影響が大きかったとおもいます。

⚪︎作品のラインナップについて教えてください
最初から作っているのはカトラリーです。日常の中に置いてもらいたい、という気持ちがあっ て、日常生活の中で一番身近な金属といったら、カトラリーなんじゃないかと思って始めまし た。日常の中に置いてもらいたい、という気持ちは今も同じです。 でもすぐには売れなかったです。

⚪︎どうして売れないんだろう?という壁はなかったですか?
最初は売れませんでしたが、悩みはしなかったです。まだ高いのかな、という意識はありまし た。道具なので使ってもらわないと意味がないので、研究して値段を抑えて作りました。これ は質もいいし、相場から見てもすごく安いのに、、、でも売れませんでしたね。道具を作るこ との難しさというものを勉強していた時期だったと思います。

⚪︎カトラリーの後、どういった経緯からフライパンなど作るようになったのですか?
生活の中に差し込んでいくようなイメージなので、これも普段の生活の中で自然に入っていけ るものなのかなと思って作っているものです。別に新しく何かを作った、という感じでもない です。

⚪︎ステンレスの食器皿も作っていますね。バリエーションは増えていきますか?
増えていくと思います。金属のお皿はメインのプレートというよりも、アクセントに向くとか んがえていますので、形やサイズなど、考えながら作っています。

⚪︎今後はどういったものに力を入れていきたいですか?
ステンレスですね。金工作品に抵抗がある人にとって、とっつきにくかった「メンテナンスの 難しさ」を取り払って、使ってみたいな、と思ってもらえるような、きっかけになるようなも のが出来たらな、と思います。

⚪︎最後に自分の作品はどうあってほしい、と思いますか?
買った後からもっと良くなるものになるように、いつも心がけています 買った時がベストなのではなく、買った時からその人にとって価値が上がっていけるものを意 識しています。大切なものになる、という意味もありますし、質感的に美しくなる、というこ ともあります。 その方がすごく使ってくれて、そのものの価値が上がれば嬉しいです。 例えば本来はカトラリーでも、全く違う用途として使われたとして「これがすごく良いんだ よ」となれば、それでも良いと思います。 ある意味では材料の可能性を奪ってものを作っているので、そういう意味でも「価値を上げる ということはすごく意識しますね。

インタビューの後、工房の一部を見学させていただきました。
 

サンプルの小さいお皿で作業工程を見せていただきました

鉄板から形を切り出し、成形していきます

鍛造という手法で、金属をハンマー等で叩いて圧力を加え、金属内部の空隙を潰し結晶を微細化、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形していきます。


グラインダーを使い表面を整えます


今回は簡易的な小型バーナーで焼き入れの工程を見せていただきました
中火くらいで煙があがるまで熱を入れていきます

オリーブオイル等の植物油を塗布します

さらに火にかけ煙があがるまで熱を入れていきます

表面の色が変化していくのがわかります

何度か繰り返すと・・・
①食用油が焼きつき②酸化重合し③食用油が酸化重合し

見慣れたフライパンの黒い色になります


もうすぐ益子春の陶器市。湯浅さんも机上工芸舎として今年も参加されます。

是非お立ち寄りください!
第101回益子春の陶器市2018年4月28日(土)~5月6日(日)

 


めかぶ
Mekabu Don

2018.03.27

東京は桜も満開となり、春の陽気を感じる毎日です。

皆様の食卓にも春を感じる食材が並ぶようになったのではないでしょうか?
今日は「めかぶ丼」。

よほど運動不足なのか、めかぶを叩くだけで腕がだる痛くなりました・・・
鮮やかな緑色になる数秒さっと茹で、細かく叩いためかぶにお醤油を混ぜ、空気を含むようにさらに混ぜると粘りがアップ。
卵を落として食すもよし、納豆や鰹節を加えてもよし、ご飯がすすみます。
丼物は陶磁器や漆器に盛り付けることも多いと思うのですが、こんな木製皿(by Ian Hayden)もおすすめですよ♪
The cherry blossoms are in full bloom in Tokyo♪
You can find various seasonal ingredients at supermarket.
Mekabu (thick wakame leaves) is a foodstuff of spring.
Today, I made “Mekabu Don”, which is bowl of rice topped with chopped of Mekabu.
They have crunchy and sticky texture. The more you chew, the more the umami flavor comes out.
Put some soy sauce and add egg yolk before you eat. Natto(Fermented soybeans) and Katsuo-bushi (Dried Bonito) are also goes well with it! Plate by Ian Hayden (see LOCCA Online Store)
     

 


本との土曜日
Hon tono Doyoubi

2018.02.18

昨日2月17日のイベント「本との土曜日」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました!
東京は冬晴れ。寒い1日でしたが、ご一緒させていただいた六畳ブックさんとのブースにも、たくさんのお客様に来ていただきました。teteriaさんの紅茶カモマイルミルクとアッサムも試飲していただき、大変好評で嬉しかったです!!
こういった外のイベントに出させていただくと、お客様と直接お話できることはもちろん、他の出店者さんとの交流もあり、「人との繋がり」を感じました。今回は反響がとても大きかったということで、アフターブックトークも開催されました。
それぞれのお店から「食に関する本」をテーマに話をされたのでしたが、本に対する愛情が感じられる話が多く、あらためて本の良さを感じる温かい時間でした。

他の出店者さんの中でも、「篤家」さんの胡椒は驚きと感動がありました。篤家さんは主にカンボジアの胡椒を販売するお店。カンボジアで100年以上続く伝統農法をベースに化学肥料や農薬、除草剤などを一切使わず、肥料や害虫対策も自然のものを使っているカンポットペッパーだそうですが、乾燥させていない胡椒はなかなか口にする機会がなく、その奥深い味わいに「胡椒はスパイスでもあるけれど野菜なんだ!」と鼻息荒く感激してしまい、塩漬け、オリーブオイルペースト、レッドペッパーとたくさん買い込んでしまいました(笑)

またイベントに出展する際にはブログやInstagram、Facebookでおしらせしますので、よろしくお願いします!!

Thank you for coming the event “Hon tono Doyoubi” on Feb. 17.
Rokujo Book and LOCCA, our booth had many customers and as had a really nice time!! It was also very nice to know other shop people and make a connection with them. After this event, “After Book Talk” held. Each book shop owner talked about their special books. Personally, I’ve talked with other shop owner of “Atsuya” and found interesting ingredient, “salted black pepper” used Cambodian black pepper. Really mild and tasty!!
Thanks again and we’ll let you know if we’ll be hold or join other event on this page!

     


イベント参加のお知らせ
Event Information

2018.01.28

六畳ブックさんと一緒に「第10回 本との土曜日」イベントに出させていただくことになりました!

”週末の、たまの土曜日は、本との出会いを。

毎月・第3土曜日は「本との土曜日」へ”
毎回様々なテーマをもとに、日本橋の一角にあるBETTARA STAND 日本橋で行われているイベントです。
次回は「読むこと食べること」ということで、LOCCAも一緒に参加させていただきます!
少しですが、うつわやお箸を店頭に並べさせていただく予定です。

是非、足をお運びください。きっと素敵な本やモノとの出会いがあると思います🎵

  • 名 称 第10回 本との土曜日「読むこと食べること」
  • 開催日 2018/2/17(土)
  • 時 間 OPEN 11:00 → CLOSE 16:00(予定)
  • 会 場 BETTARA STAND 日本橋
  • 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1宝田恵比寿神社横 駐車場跡地
  • 入場料 無料
  • 運 営 本との土曜日実行委員会

We’ll participate in the event, “Hon tono Doyobi” in Nihonbashi, Tokyo with Rokujo Book on February 17, 2018 (Sat.).
Please come and enjoy the event!
Open: 11:00-16:00
Place: BETTRA STAND NIHONBASHI
http://hontonodoyobi.com/event/hondoyo10/


作家インタビュー 高塚和則さん 木工房 玄(パート1 日本語)

2017.12.28

名水の里栃木県塩谷町で食器、小物、家具など様々な木工作品を手掛ける木工房 玄。

今回はその工房を訪ね、主宰の高塚和則さんをはじめ、工房で働く職人さんたちにもお話をうかがいました。
 

木工へのきっかけを高塚さんにうかがうと、高校までは毎日サッカー漬けだったそうですが、進路を決めるとき、元々物を作ることが好きだったこともあり、“職人(物作り)の世界で食べていきたい”と思い、20歳の頃木工の世界に入られたそうです。ここで働いてみたい!と思っていたという工房に最初はアルバイトとして、掃除にはじまりさまざまなことを学ばれました。30歳で独立しようと決めていたそうで、それまでに3箇所の工房でフラッシュ家具や無垢の家具、店舗の内装、大きい物から小物まで技術を磨かれたそうです。

製材を仕入れて作品を作る作家・工房も多い中、高塚さんの工房では実際に会津など現地まで丸太を見にいき、入札し、製品に合わせて細かく製材の指示を出しています。径級を見て、これはパン皿用、など商品によって振り分けます。効率よく材料を使うにはどうしたらよいか、出来るだけ材料を使いきれるようにしたいと作品を作っていく中で、その経験から製材の指示も細かく出せるようになったそうです。働いている人にとっては、お金は時間との対価。効率的に進められるところに時間をかけすぎると、本来かけたい時間がかけられなくなる、つまり製作に時間を多くかけられるように、効率良く進めることを心がけているそうです。

木の見方ひとつ取っても、「経験」から学んでいく職人の世界。
高塚さんも若い頃には、製材所での勉強会にも積極的に参加し、経験豊富な先輩達からたくさんのことを教わったと言います。ちょうど取材の数日前にも、工房の職人さんたちを連れて会津へ行かれたそうです。身銭を切ってみるのも経験のひとつだからね、と高塚さん。それぞれみなさん入札し買い付けしたそうですよ。

さて、木工製品は丸太から最終的に私たちの手に渡るまでには、非常に沢山の時間と人々が関わっています。大まかに言えば山から木を伐採し、丸太は皮むき、木取りなどの作業を経て製材され、乾燥の工程を経て出荷されていきます。木の種類等によっても伐採時期が異なったり、工程の間には灰汁を抜くために寝かせたり、乾燥させるといっても自然乾燥や人工乾燥があったり、乾燥させる水分率も木の種類や用途によって異なったり、作家さんが実際に木材に手を加える前までにも沢山の工程を経ています。

木工の場合、自分の手で「材料」である木そのものを作れませんし、必ずしも気に入った木材がいつでも手に入るとは限りません。つまり前もってある程度の量の木材を買い付け、保管しておく必要があるのです。効率的に仕事をこなさなくてはならないわけですね・・・。工房での作業も効率よく組まれています。仕事は基本的に朝7時半からお昼休みをはさんで、4時半まで。「午前中が勝負!」と高塚さん。午前にちゃんと仕事ができると、うまく進む気がするのだとか。これはオフィスワークなどにも共通して言えることかもしれませんね。お仕事が終わったあとは工房を他の若手職人さんらに開放しており、自分のやりたいものや勉強などに使われるそうです。

LOCCAでも人気の花型コースターの製作行程を見せていただきました。
みなさんそれぞれ「自分の場所」があるそうで、道具もそれぞれが気に入った物を使われています。

まず、糸鋸で大まかに形をとります。

底、側面を機械でカットしていきます。

そしてサンドペーパーを機械でかけていきます。
  
左が研磨する
前、右が後です。

いよいよ彫りの作業です。まず、ふちに彫りを入れます。

そして中の部分は真ん中から、一定の早さで彫っていきます。

真ん中に一列。二列目はその間に彫りを入れていきます。

最後は番手の細かいペーパーで1点1点手作業で仕上げていき、やっと完成です!
   

今や小さいLOCCAのような店から、高級ホテルまで、さまざまな場所で見かけることが増えた木工房 玄の作品。10年以上前では考えられなかったSNSやインスタグラム等で広く拡散され、海外からもお客様が来る現在。しかし一方で、注文に追われるように製作する毎日で、疲れたり、ネガティブな思考になったりすることはないのでしょうか?と、少し難しい質問を投げかけてみました。
「20歳からやっているからこういう毎日のリズムが生活になっていて、疲れるということはないね。でも若手がいなかったらネガティブになっていたかも。僕は本当に仕事のない厳しい苦しい時代があったんです。だからたまに思い返すと、追われていてもこっちのほうがずっといい!と思うんだよね」と高塚さんは言います。

ところで、どういう人が木工職人に向いているのでしょうか?
「あまりにも不器用な人じゃなければ。やる気、やり続けることができるかどうかの方が大事だろうね。僕は5年間コーヒーをいれていました。しばらく後輩がいなかった、ということなんだけど。。。つまり、後輩が入ってくれば新しい仕事をやらせてもらえるのだろうけれど、それがかなわない状況だったので、どうやったら仕事をやらせてもらえるのか、工夫しました。例えば珈琲を淹れるにしても器に対してどのくらいコーヒーをいれるとマグがよくみえるか、美味しくなるか、気を遣いましたね。どんな小さな仕事でも、どうやったら良くなるかを工夫すること、想像することが大事。親方が次に何をするか、ちゃんと見ているか。さりげなく持っていくと、よく思ってもらえる。ごまをする、ということではなくね。良い意味で可愛がってもらって、色々なことを教えてもらったり、仕事をさせてもらえたり、経験を積むことができたんだと思います」
木工房 玄では高塚さんが代表ですが、会社という感じでもないし、親方と弟子、という関係でもないかなぁ、と言います。
それぞれが工房の一端を担う一職人であり、仲間であるという気持ちが高塚さんにはあるようです。

最初は高塚さんがひとりで始めた工房も、今では3人の若い職人さんたちが一緒に働いています。担当を決めるのではなく、全員が、一通りの工程をこなすことができるそうです。他の職人さん達からみると高塚さんはいわゆる「上司」にあたるわけですが、みなさん「この工房に入って良かったです!」と声をそろえる。「俺の前だから」と笑い飛ばす高塚さん。こんな感じでとても明るい工房です。

丸太からこの製品ができるまで、実に多くの年月と、工程と、人の手と、思いがあります。私がLOCCA をやっている理由の1つに職人さんが好き、ということがあるのですが、毎回お話をうかがうたび、職人さんたちの「思い」に触れて感動します。人の手がかかったモノには特別な力があると、思います。モノ言わぬモノが、手に触れ、使うことで、ほっと人の心を和ませたりするのではないでしょうか。昨今、「ていねいな暮らし」という言葉が目に付きますが、具体的にどういうことだろう?と思う人もいるのではないでしょうか。買ってきたお総菜でもお気に入りの器に移し替えたり、ひとつのものをずっと大事に使ったり。自分にとっての居心地の良い「大切」なことを意識すると、自然に生活も丁寧で上質になってくるのではないでしょうか。

真剣に木と向き合い、思いを込めて作られた木工房玄の作品、是非使ってみてください。貴方の暮らしに寄り添う、大切な一枚になってくれると思います。

木工房 玄のメンバー 左から倉持 海音(くらもちうみと)さん、代表:高塚 和則(こうつかかずのり)さん、黒子 萩平(くろこしゅうへい)さん、関谷 聡(せきやさとし)さん

 

 


« 前の記事 次の記事 »